問い合わせバスケット ( 0 )
会社情報
  • Shenzhen Ideafly Technology Co., Ltd.

  •  [Guangdong,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー , ディストリビューター/卸売業者 , 小売業者
  • Main Mark: アフリカ , アメリカ大陸 , アジア , カリブ海 , 東ヨーロッパ , ヨーロッパ , 中東 , 北ヨーロッパ , オセアニア , その他の市場 , 西ヨーロッパ , 世界的に
  • 輸出国:71% - 80%
  • 本命:CE, FCC, ISO9001
  • 説明:トランスミッタ付RCドローン,リモコン付きRCドローン,トランスミッタとレシーバ
Shenzhen Ideafly Technology Co., Ltd.

Shenzhen Ideafly Technology Co., Ltd.

トランスミッタ付RCドローン,リモコン付きRCドローン,トランスミッタとレシーバ

Title
  • Title
  • すべて
ホーム > 製品情報 > レーシングドローン > アウトドアレーシングドローン > トランスミッタとレシーバ付き屋外210 RCドローン
オンラインサービス

トランスミッタとレシーバ付き屋外210 RCドローン

共有へ:  
単価: USD 249 / Set/Sets
Min.Order 単価
1 Set/Sets USD 249 / Set/Sets
お支払い方法の種類: T/T,Paypal,Western Union
Terms of Trade: EXW
最小注文数: 1
納期: 7
基本情報
モデル:F210-A3
認証: FCC, RoHS, CE
高さ: 中間高度
動作半径: リモート
サイズ: 小さい
使用法: 産業, 軍隊, その他
構造: 固定翼UAV
Additional Info
包装: 紙箱
生産高: 100/day
ブランド: アイデア
輸送方法: Ocean,Land,Air
原産地: 深セン
供給能力: 100/day
認証 : CE
ポート: Shenzhen
製品の説明

トランスミッタとレシーバ付き屋外210 RCドローン

Ideafly F210バッタ 屋外210 RCドローンは、 私は DEA-飛ぶ10CHトランスミッタ レースのグレード RCドローン です 。 F210-A3は2.4GHzワイヤレスリモコンを使用しています(左手または右手のスロットルモード、800m以上の制御距離)。 shippmentの前に、 送信機と受信機 を組み立て バッタF210はすでにRC愛好家はドローンを受信したときに飛ぶ準備ができています。セルフバランシング、高度保留モード、オプションのマニュアルモードでは、これまでで最もスリル満点の飛行体験をお楽しみいただけます。


F210-A3(TX&RX):                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

1 * Idea-Fly 210カーボンフレーム

1 * F3フライトコントローラ(6DOF)

1 *支流板1 *配電盤4 * 3枚羽根プロペラ
4 * 2ブレードプロペラ
4 * DJI 18A ESC
4 *アイディアフライ2204-2300KVモーター
1 * 700TVLカメラ
1 * 200wm 40chイメージトランスミッタ
1 * 3S 1500MAリチウムバッテリ
1 * 3S充電器

1 *マッシュルームFPV円形アンテナ

1 *アイディアフライ10chトランスミッタ
1 *アイディアフライIA6受信機
2 *アイライト
1 *テールライト
N *熱収縮チューブ
N *ナイロンのネクタイ
1 *バッテリーの関係
1 *アイディアフライハンドバッグ

RC Drone With Transmitter

Transmitter And Receiver

RC Drone With Remote

製品グループ : レーシングドローン > アウトドアレーシングドローン

この仕入先にメール
その他の製品
サプライヤーと通信?サプライヤー
Jason Mr. Jason
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する